スタッフの写真
田邊亮右
田邊亮右
田邊亮右
田邊亮右
田邊亮右

ワークウェアといえばナフコ。その担当バイヤーに抜擢。
大きな責任とやりがいに挑戦して、さらなる飛躍を!

 店舗勤務は10年です。店舗には毎日多くのお客さまがご来店されます。接客する中でお客さまが今何を求めているのか、お客さまに対して何が親切・ていねいなサービスなのかを日々考えながら仕事をしていました。普通は店長経験者がバイヤーになるケースが多いのですが、私の場合、店長代理からバイヤーへ。店舗では、上司からの指示があるなかで自由にやらせてもらえる感じでしたが、バイヤーは専門職。自身の責任で商品を極めなければと身を引き締めています。

 現在は、先輩バイヤーのアシスタント業務・商品開発に関するお取引会社様との商談・店舗への商品情報の配信が主な仕事です。「商品開発」「店舗への商品情報の配信」「買いやすい売場提案」を主に考えながら、そして一日でも早く自身で開発した商品が店頭に並ぶことを目標にしながら、日々の業務に邁進しています。

photo01

 私はなりたての新米バイヤーなので、まだまだ実感はありませんが、先輩バイヤーのみなさんに仕事のやりがいを伺うと、自分で開発した商品が店頭に並び、お客さまが商品を手に取って購入していく姿を見るときにやりがいを感じるとのことでした。私も商品開発からお客さまの手に届くまでの過程をやりがいに感じられるように早くなりたい。商品開発に早く携わること。そして、自身で開発した商品で会社の売上・利益を上げることが今の最大の目標です。担当が、ナフコがどこよりも早く注目し、売上実績を上げているワークウェアなので、責任も重大。ファッションセンスも必要ですし、そのためにも新聞や雑誌、テレビやSNSなど、さまざまなメディア、さまざまな方向にアンテナを張りながら情報収集をして、時流をとらえることを識意しています。

photo02

 弊社は、常にお客さま・地域に密着した会社です。ナフコに行けば何でもそろうと信頼してご来店されます。そのため、常に消費者目線をもって物事を考える必要があります。また、季節を先取りして最先端の商品で売り場を作った結果、売上が上がることにもやりがいを感じられると思います。また、地震や台風・水害などの自然災害の際にもお客さまから「ナフコがあって良かった」と言っていただけると、地域の役に立っている実感がわき、この仕事をやって良かったと思えるはずです。

 店舗では、主任・課長・店長代理・店次長・店長など、本部では、事業推進部・商品部など活躍する場がさまざまに用意されています。がんばり次第で可能性は無限にあります。地域とお客さまに寄り添った会社に興味のある方は、ぜひナフコで一緒にがんばりましょう。

photo03

2020年という特別な年に

 お客さまは今、何を必要としているのか。そこがいちばん悩ましいところです。一見、コロナには関係ないと思っていても、一部のお客さまの新しい視点・発想から、売れ始める商品がある。まさに目からウロコです。そういうものに敏感にならなければ。逆にナフコから、そういう新しい使い方や新しい商品のご提案ができればと思っています。

ページのトップへ戻る