採用エントリー
Entry

閉じる

インターンシップ詳細
Internship Entry

閉じる
スタッフの写真
インタビューナンバー15
中村英輝
中村英輝
中村英輝
中村英輝
中村英輝

今はまだ周りの方にサポートしていただくばかり。
頼ってもらえる社員に早くなれるよう努力の毎日。

 大学で家具のデザインを勉強していて、制作もしていたので、ホームセンターに木材や塗料などをよく買いに行きました。植物を育てることにも興味があり、自分の好きなものがいっぱいある場所がホームセンターでした。就活を始めた最初の頃はどんな仕事をしたいかはっきりしていなかった私でしたが、その大好きなホームセンターと、今まで勉強してきた家具を一緒に販売しているナフコを見つけたときは「これだ!」と思い、本当にうれしかったです。さらに会社説明会でも、同じビルで行われていた別会社の説明会に行ってしまい、遅刻してしまった私を快く面接してくださり、「がんばってください」と握手してくださった人事部の方に感激。しっかりと話を聞いてくれて、私の内面を見ようとしてくれる良い会社だと感じたのが、入社したいと考えた理由です。

photo01

 仕事を始めたばかりの頃は、お客さまに何か尋ねられると、先輩や販売員さんを探して店内を走り回っていました。元々恥ずかしがり屋なので、レシーバーで私の声をみんなに聞かれることに抵抗があり、使えなかったのです。でも、先輩から「お客さまから離れてしまうと、途中で別のお客さまから声を掛けられることもある。最初のお客さまから絶対に離れないで」と言われ、至らない自分を反省しました。そんな私ですが、車椅子を使われた年配のご夫婦を接客したとき、お車まで商品をお運びするととても喜んでいただきました。お話を伺うと、免許を返納するためその日で人生最後の運転になるとのこと。人生最後の運転でナフコに来ていただけたことがとてもうれしく、会社としても店舗としても、誇りに感じたことは今でもとても印象に残っています。

photo02

 私自身、社会人になったのを機に、生まれ育った地元を出て、最初は正直、不安しかありませんでした。けれど、いい店長、いい先輩、いい販売員さんたちに恵まれて、今は業務が楽しく、感謝しかありません。今の店舗に配属されて本当に良かったと感じています。  私の担当はペイント道具、左官用品、床材、壁紙など。入社後半年で気づいたのは、大学で学んだとはいえ、その知識は一般の人と同じレベルだということ。特に担当部門は、お客さまにプロの業者さんなど詳しい方が多いので、まだまだ勉強していかなければという気持ちでいっぱいです。お客さまから教えていただくこと、そして販売員さんから教わる知識をどんどん吸収して、それを接客だけでなく、趣味のDIYにも生かし、その趣味で気づいたことをまた接客に生かせればと考えています。

ページのトップへ戻る