スタッフの写真
濵崎聖
濵崎聖
濵崎聖
濵崎聖
濵崎聖

思わぬアクシデントで本社から始まった社会人経験。
「新しい道」を切り拓いて行くのは自分自身。

 4月に入社後、店舗勤務を始めてわずか1ヵ月。バイク事故でケガをして半年間休職しました。「店舗に戻っても、店の方々やお客さまにご迷惑をお掛けするかもしれないから」という人事の方のご配慮で経理へ異動。入社年度の11月からやっと本格的に働き始めたようなものです。普通は、何年か店舗を経験したうえで、本社に異動する方が多いのですが、私の場合、店舗の経験はほぼゼロ。最初は何の書類を見てもほとんどピンと来ませんでした。店舗にいれば、見ていたり、自分で作成していたりするはずの書類だと思うのですが、何もわからずイチから勉強。今もとまどっているところはあります。けれど、自分たちが作った書類が決算発表になり、損益計算書など会社としての重要な書類に使われていると思うと誇りに感じます。それに全店分となると数字的にもかなり大きい。今はそういったところにやりがいを見出しています。

photo01

 もともと、高校が情報系で、簿記の資格も取得し、大学でも簿記を学んでいたので、科目などの基礎はわかっています。また、PCも使えるほうだと思うので、日々の業務の中で、「これをもっと楽にできる方法はないかな?」とか「ソフトの使い方で効率化できるかも?」という視点を常にもつようにしています。ただ、それを即座にやれるほどの知識はないので、勉強しつつ徐々に効率化を進めていきたいと考えています。

 いずれは、自分の業務だけでなく、雑務から専門的なものまですべての経理関係の質問に答えられるほどの知識を身につけたいと思っています。経理がどういう仕事なのか、何をすべきなのかを知っておきたい。今は教えていただくばかりなので、少しでも早く、広く覚えられるよう、仕事を積極的に引き受けて実際にやってみることを心がけています。

photo02

 入社後まもなく、半年も休職した私を、違う道へと導いてくれた、ナフコの企業としての対応力にも感謝していますし、事故で凹むことなく、新しい道を進むことができた私自身の対応力にも、少しだけ自信ができた気がしています。そんな私が言えることは、「道はひとつじゃない」。いろんな会社がある。そして一つの会社に入っても、いろんな仕事がある。就職を考えるうえで、「絶対にこれ!」「これだけは譲れない!」という強い気持ちをもつことが大切なときもあるけれど、そればかりだとつらくなることもあると思います。それは、入社した後も同じ。いろんな「こと」や「もの」を見たり、聞いたり、試してみたりする余裕が必要になるときが来ます。それは後になって思いがけない助けになることもあるかもしれない。私自身の経験が、そう物語っています。

ページのトップへ戻る