採用エントリー
Entry

閉じる

インターンシップ詳細
Internship Entry

閉じる
スタッフの写真
インタビューナンバー06
栗元祐貴
栗元祐貴
栗元祐貴
栗元祐貴
栗元祐貴

ビジョンを示し、実現する「仕組み」を作るのが私の役割。
だからこそ、自らが模範となって仕事に従事しています。

 入社して間もない頃は、人に仕事をお願いすることが苦手で、時間内に終わらせることができず、上司や販売員さん、お客さまに迷惑を掛けることもしばしばありました。それは、経験の浅さからうまくコミュニケーションがとれず、縦と横の連携が悪かったことによるものでした。だからこそ、店長代理となった今は、一緒に働く仲間に感謝し、コミュニケーションの取り方も相手の自尊心を大切にし、一緒 に悩み、一緒に成長することを第一に心がけています。また、売場のリーダーとしては、「明確なゴールと目標を示すこと」「期待値を明確にすること」「頻繁にコミュニケーションをとること」「失敗を恐れず常に挑戦すること」を目標に、周りを巻き込むように努めています。まだまだ未熟でこれらを完璧にこなせてはいませんが、これからの自分のテーマとしてずっと取り組んでいくつもりです。

photo01

 私が考える店長代理の仕事とは、店長の右腕となり、組織を作り込むこと。ビジョンを販売員さんと共有し、「仕事を人に任せること」が大切だと考えています。それができない人が上に立つ組織は決して大きくはならないし、任せないとその人の力を最大限には活かせないと思います。そして、任せたからには、目立たなくて見過ごされがちな細部の一つひとつに宿るその人の努力と真摯な姿勢をきちんと把握して評価し、モチベーションや仕事のやりがいを引き出しています。

 また、ビジョンを示し、それを「実現する仕組み」を作り、周囲の人たちを巻き込んでいくことも私の役割。その仕組みをみんなに理解してもらい、早期に実現するためにも自分が模範となって仕事に従事しなければならないと常々思っています。

photo02

 数ある競合店の中から、店に来てくださるお客さま一人ひとりを見ているだけで、何とも言えないうれしさとやりがいを感じています。わざわざお礼を言ってくださるお客さま、あえて厳しいご指摘をしてくださるお客さま。すべてのお客さまの言葉が売場作りのヒントになり、「今よりもっと良い売場を作ろう」という、常に高い緊張感とモチベーションで仕事に打ち込むことに繋がっています。

 目標は、先見の明をもち、長期的な利益を考えられるようになること。そのためにも、何事にも先手先手を打ち、自分が仕掛けていく側になれることを目指しています。日々の仕事一つひとつの質にどれだけこだわることができているか。それこそが自分自身の成長になり、10年後、20年後の会社の成長に繋がっていくと思っています。

ページのトップへ戻る